代行サービスについて

輸入代行サービスの利用法

中国輸入代行サービスを行なっている業者は、ネット上でも数多く見かけるようになりました。中国製の雑貨や衣料品、日用品などをネットショップから、あるいは工場から直接購入したいとき、これらの業者に注文すれば面倒な手続きを省略することができます。 中国輸入代行の利用法は、まずメールや電話で連絡を取り、注文書を送付します。購入代金は、事前の見積り金額を先払いする場合と、業者が価格交渉し在庫を確認した後で支払う場合があります。必要ならば送料や手数料を加算します。入金が確認されれば業者は検品・梱包をした上で注文主に発送します。多くの中国輸入代行業者では、不良品や破損などがあれば返品・交換を保証しているので安心です。

ローコストの商品を活用する

もちろん個人で趣味のために輸入代行を頼むこともできますが、中国輸入代行サービスが最も活かせるのはビジネスの分野でしょう。いまや「世界の工場」となった中国では、大量の商品が日本よりずっと低コストで生産されています。原価に輸送費や手数料を加えても、日本で生産するより安くなる場合が多いため、輸入品を販売すれば大きな利益が期待できます。ただし違法コピーの疑いがある商品は、輸入することができないので注意が必要です。 中国輸入代行業者の中には、OEM代行サービスを行なっているところもあります。これを利用すれば日本のブランドを保ったままコストダウンに繋げることができます。新しく自社商品を開発する場合にも有効でしょう。